とあるサラリーマンのブログ


サラリーマンの私の仕事や日常を綴ったブログです。
by c1e5seckgw
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク

3億円架空増資の投資会社代表に有罪判決 東京地裁(産経新聞)

 住宅リフォーム会社「TMC(旧ペイントハウス)」(東京)の架空増資事件で、証券取引法違反(偽計)罪に問われた投資コンサルタント会社「ソブリンアセットマネジメントジャパン」代表、阪中彰夫被告(58)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。藤井敏明裁判長は、阪中被告に懲役2年6月、執行猶予4年、罰金400万円、追徴金約3億円(求刑懲役2年6月、罰金500万円、追徴金約9億6千万円)を言い渡した。

 藤井裁判長は増資が虚偽だったと認定し、「会社情報の開示制度を悪用して公正で自由な証券市場に脅威を与えた。利得額は6億円を超えている」とした。一方、「事件の摘発で経済活動を停止するなど社会的制裁を受けている」と執行猶予の理由を述べた。

 判決などによると、阪中被告は旧ペイント社の架空増資により、株価をつり上げることを計画。平成17年5月、自身が実質管理する投資ファンドを通じて、同社に新株の代金として約3億4千万円を払い込んだ。しかし、代金の大半をすぐに同ファンドに還流させるなど実体のない増資を行ったにもかかわらず、同社に増資を受けたとする虚偽の事実を公表させた。

【関連記事】
不公正資金調達の実態明らかに ユニオンHD架空増資事件で
ユニオンHD前社長を告発 証券取引等監視委員会
架空増資、ユニオン前社長ら3人逮捕
ユニオンHD「見せ金」数億円還流か 増資直後、引受先に入金
ユニオン社、架空増資の疑い 前社長ら再逮捕へ 大阪府警

「きんたくん」弁当を発売=兵庫県川西市〔地域〕(時事通信)
郵政改革の調整が難航=出資比率や郵貯限度額めぐり−政府・与党(時事通信)
ヤマノHD会長がインサイダー取引=故山野愛子さんの三男−監視委(時事通信)
消費税論議、封印したことない=菅氏(時事通信)
五輪スピード 「静と動」で初メダル…長島選手と加藤選手(毎日新聞)
[PR]
by c1e5seckgw | 2010-02-22 10:10
<< 直接支払制度の猶予延長を要望―... 氏名確認せず携帯電話貸す=「0... >>


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧